続ピリ将 将棋で世界一になる!!! いやいやいやいやいやいやいやいや

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

 【定跡講座】ノーマル三間飛車を指したい人は必見! 永瀬流石田流について

はてなブログ (略称:続ピリ将)

P続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

 

 

 

f:id:Shouldgo:20180505112610j:plain

 

  

 北海道は、第2のふるさと。

ピリ将は、豪雨・地震災害を全力で支援します。

 

 

ピリ将詰将棋データベース

tsumetsume5.hatenablog.com

ピリ兵メルマガ

www.mag2.com

 ピリ将 シュうぇッチな本棚

piri-girl.hatenablog.com


 

 

 

 

 

 

◎本日の棋譜

https://noike.info/yourls/q7r9hlgeft

私シュうぇッチマンの実戦譜から。

 

以下、この棋譜を解説してみます。

最近アクセスが落ちているので、このブログでは珍しい定跡・戦法の解説。

 

  

  【定跡研究】ノーマル三間飛車を指したい人は必見!

 永瀬流石田流について 

 

 

 

 皆さんは、ボケ派ですか、それともツッコミ派ですか?

 私シュうぇッチマンは、ボケかツッコミかでいえば、ツッコミ。

 好みは、天然ボケの方が好みです。

 

 たしかに、テレビ番組で超有名なお笑い芸人と共演したときは、ボケでした。

 しかし、その芸人さんの腕が半端なさ過ぎたがゆえに、そうなっただけの話。

 

 というわけで、冒頭からさっそく、つっこませていただきます。

 永瀬流なのか、石田流なのか、と。

 

 すみません。

 永瀬式石田流と名づけさせていただきます。

 

 というわけで、とりあえず、挨拶代わりの一人ボケ一人ツッコミでした。

 

 最近の永瀬先生は、居飛車党。

 しかし、私シュうぇッチマンは若手時代の永瀬先生にしか興味がありません。

 というわけで、私シュうぇッチマンのバイブルは、これ。

 

 

永瀬流 負けない将棋 (マイナビ将棋BOOKS)

永瀬流 負けない将棋 (マイナビ将棋BOOKS)

 

 

 『負けない将棋』は2種類あって、最初の方のものです。

 もちろん、全戦型対応版も名著。

 しかし、今回紹介する永瀬式石田流は、振り飛車版がおすすめ。

 

 さて、私シュうぇッチマンの実戦。

 

 f:id:Shouldgo:20181103164951p:plain

 

 永瀬式には、ノーマル三間飛車の出だしです。

 後手が穴熊なら、石田流に組み替える。

 基本的には、昔からある形。

 

 私シュうぇッチマンが振り飛車党に転じたのも、これがあるから。

 今、三間飛車が流行っていますが、先見の明がありました。

 

 相手はたいてい穴熊なので、これで行けます。

 もちろん、そうでないときの対策も要る。

 そのときにおすすめなのが、次の本。

 

 

将棋戦型別名局集4 三間飛車名局集

将棋戦型別名局集4 三間飛車名局集

 

 

コーヤン流三間飛車の極意 急戦編・持久戦編 (プレミアムブックス版)

コーヤン流三間飛車の極意 急戦編・持久戦編 (プレミアムブックス版)

 

 

これだけで勝てる 三間飛車のコツ (マイナビ将棋BOOKS)

これだけで勝てる 三間飛車のコツ (マイナビ将棋BOOKS)

 

  

三間飛車新時代 (マイナビ将棋BOOKS)

三間飛車新時代 (マイナビ将棋BOOKS)

 

  

緩急自在の新戦法!  三間飛車藤井システム (マイナビ将棋BOOKS)

緩急自在の新戦法! 三間飛車藤井システム (マイナビ将棋BOOKS)

 

  

戸辺流相振りなんでも三間飛車 (マイナビ将棋BOOKS)

戸辺流相振りなんでも三間飛車 (マイナビ将棋BOOKS)

 

 

 この中で入門に一番おすすめなのが、大平先生の本。

 級位者でも、すぐに三間飛車党になれます。

 私シュうぇッチマンも、この本がなければ転向できなかったかも。

 まずはこの本で大概を押さえて、専門的な勉強をしていきましょう。

 

 なお、石田流の勉強も別に必要です。

 

久保の石田流

久保の石田流

 

 

石田流の基本―早石田と角交換型 (最強将棋21)

石田流の基本―早石田と角交換型 (最強将棋21)

 

  

石田流の基本―本組みと7七角型 (最強将棋21)

石田流の基本―本組みと7七角型 (最強将棋21)

 

 

石田流を指しこなす本【持久戦と新しい動き】 (最強将棋21)

石田流を指しこなす本【持久戦と新しい動き】 (最強将棋21)

 

 

石田流を指しこなす本“相振り飛車編” (最強将棋21)

石田流を指しこなす本“相振り飛車編” (最強将棋21)

 

 

石田流を指しこなす本【急戦編】 (最強将棋21)

石田流を指しこなす本【急戦編】 (最強将棋21)

 

 

振り飛車最前線 石田流VS△1四歩型 (マイナビ将棋BOOKS)

振り飛車最前線 石田流VS△1四歩型 (マイナビ将棋BOOKS)

 

 

  ただし、永瀬式石田流は、基本的に研究量は最小限で済みます。

 いや、定跡が好きで、研究が三度の飯より好きという方は、どうぞどうぞ。

 ただし、私シュうぇッチマンのように忙しい人には、永瀬式がおすすめ。

 

f:id:Shouldgo:20181103170644p:plain

 

  左金は中央に使うのが一般的。

 「守りは金銀三枚」という格言もあります。

 ところが、永瀬式だと、左に上がるパターンがある。

 

 たしかに、終盤では「金銀三枚」が理想。

 けれども、「序盤には序盤の戦いがある」との武市先生の言もあるわけですよ。

 

 必要なら、大山十五世名人のように、中終盤で金を寄せていけばよい。

 というわけで、私シュうぇッチマンは、もっぱら、こちらを愛用。

 一言で決めるなら、バランスがよいからです☆

 

増田康宏の新・将棋観 堅さからバランスへ (マイナビ将棋BOOKS)

増田康宏の新・将棋観 堅さからバランスへ (マイナビ将棋BOOKS)

 

 

 増田先生は石田流は指さないので、増田式石田流ではないのが残念無念。

 ちなみに、升田先生は石田流を指したので、升田式石田流という戦法はあります。

 (升田・大山の名人戦、石田流シリーズは、絶対に並べてほしい棋譜。)

 

升田の研究?鬼手と石田流? (将棋連盟文庫)

升田の研究?鬼手と石田流? (将棋連盟文庫)

 

 

 さて、次の図、居飛車側は何か心得違いをしている気がしますですね。

 

f:id:Shouldgo:20181103171013p:plain

 

 穴熊を完成させないうちに、右銀が上がってきましたよ。

 察するに、たぶん、引き角で7五の歩をかすめ取れるとでも思ったのでしょう。

 しかし、よく見てください。

 こちらも角が利いているので、銀を追い返すことができますよ。

 

対振りの秘策 完全版 飯島流引き角戦法 (マイナビ将棋文庫)

対振りの秘策 完全版 飯島流引き角戦法 (マイナビ将棋文庫)

 

 

堅陣で勝つ!飯島流引き角戦法 Final (マイナビ将棋BOOKS)

堅陣で勝つ!飯島流引き角戦法 Final (マイナビ将棋BOOKS)

 

 

f:id:Shouldgo:20181103171637p:plain

 

 ここで▲8六歩が眼目の一手。

 この手自体は、非常に有名な手なのですが、最近の若い方は意外とご存知ない。

 この手をやりたいがために、金は左に上がったのです。

 

f:id:Shouldgo:20181103171927p:plain

 

 ▲8六歩を△同歩と取らせてから、▲7四歩と行く。

 角のラインをよく見てください。

 これが飛車取りになっていますね。

 

f:id:Shouldgo:20181103172134p:plain

 

 というわけで、当然の△7四同飛ですが、そこで▲8六飛とします。

 私シュうぇッチマンはひそかに、「あっち向いてほい」と呼んでいます。

 角桂がよく利いていて、飛車成りが受かりません。

 ここで相手は投了となりました。

 

 念のために、周到に断っておきます。

 角道が通っていたら、話はちょっと変わってくる、と。

 

 引き角だろうが、通常の角だろうが、角が通っていると、うまくいきません。

 引き角が通っていたら、この飛車、取られてしまいます。

 また、通常の角が通っていたら、7七の桂馬を食いちぎられてしまいますからね。

 

 ただ、こうなるのなら、居飛車も制約されます。

 穴熊に偏っているので、振り飛車側はバランスで勝てる形。

 その後の展開は、永瀬流の自陣竜で、穴熊の姿焼きを目指していくイメージです。

 

 以上のツボを押さえる。

 そして、永瀬先生の若いころの棋譜を並べておくことをおすすめします。

 この指し方だと、アマ三段までは余裕で通用しますよ。

 

 ちなみに、うまく行かないときは、奥の手があります。

 永瀬流の究極の奥義といえば、わかりますよね?

 そう、千日手。

 先手でも、後手でも、千日手にします。

 

 飛を左右、角を上下させていれば、千日手にしやすいのが、この戦法のよさ。

 指し直しでも、千日手に持ち込む。

 相手は嫌気がさす。

 しかも、相手の時間を削ることもできます。

 

 

 

ピリ将ホームページ
xn--rdk1bu28r.online