続ピリ将 将棋で世界一になる!!! いやいやいやいやいやいやいやいや

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

 【棋譜並べ】「高速棋譜並べは級位者には無益」は本当か?(3)

はてなブログ (略称:続ピリ将)

P続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

 

 

 

f:id:Shouldgo:20180505112610j:plain

 

  

 北海道は、第2のふるさと。

ピリ将は、豪雨・地震災害を全力で支援します。

 

 

ピリ将詰将棋データベース

tsumetsume5.hatenablog.com

ピリ兵メルマガ

www.mag2.com

 ピリ将 シュうぇッチな本棚

piri-girl.hatenablog.com


 

 

 

 

 時が過ぎるのは、早い。

 もうすぐ、10月も、おしまい。

 

 さて、久々に本気(連載)で書きたいネタが見つかりました。

 ピリ将といえば、やはり棋譜並べ!

 

 なんでも、最近、こういう言説が流布している模様。

 

 「高速棋譜並べは、級位者には無益である。」

 

  もちろん、ニュアンスはさまざまなので、言説(discourse)と記しました。

 以下、この営業妨害の頑説・俗説が間違っていることを証明していきます。

 

 ちなみに、本家・ピリ将ブログでは、現在、棋譜並べ論の再放送中です。

 こちらも、よろしく!

 

ピリ将ブログ

www.piri-girl.online

 

 

 

実戦次の一手

 

f:id:Shouldgo:20181031175956p:plain

 

 正解は、下の方にあります。

 

  

  【棋譜並べ】

「高速棋譜並べは級位者には無益」は本当か?(3)

 

 

 

 

 私シュうぇッチマン、初級者に好適な練習法はアレしかないと思うのです。

 

 アレ?

 アレって?

 

 アレといえば、アレです。

 山口絵美菜女流1級のチャンク式。

 

 以前、テレビの将棋フォーカスでも紹介されていました。

 かたまりで覚えるだけだから、初心者にでもできます。

 そして、これがとにかく大事だと思うのです。

 

 たとえば、試みに、さっきの次の一手の盤面。

 これを時間を測って、覚えて再現してみてください。

 皆さんは、何秒でできますか?

 

f:id:Shouldgo:20181031175956p:plain

 

  コツは、いっぺんに覚えようとしないこと。

 右上、右下、左下、左上というふうに、分割して覚える。

 そして、それらを総合して、全体の局面となります。

 

 右上は香車はいませんが、金付きのメリケン向かい飛車。

 右下は突き合った端歩以外は、香車と相手の馬しかいません。

 左下は居飛車穴熊ですね。

 左上は玉が四段目で露出しています。

 

 こんな具合に、棋力が上がれば、名前を知っているので、覚えやすくなる。

 これを私シュうぇッチマンは言語化と呼んでいて、非常に重視しています。

 ともあれ、こんなふうに、盤面記憶の練習をするのが第一歩。

 

 それでは、第二歩をどうするか?

 そこで出てくるのが、今度こそ、アレですよ、アレ。

 

 そう、おわかりですね。

 高速棋譜並べ!

 

 チャンク式は、盤面を脳内盤に移動して、また盤面に戻す作業。

 要するに、お風呂から洗面器でお湯を掬って、またお風呂に戻す練習です。

 記号化すれば、1~2~1というトレーニング。

 

 その次は、お風呂から洗面器でお湯を掬って、頭を洗うことが必要です。

 記号化すれば、1~2~3です。

 頭の次は顔でも洗いましょうか。

 1~2~3~4。

 こういう具合に、先に進むトレーニングが必要です。

 

 そのために、高速棋譜並べがあります。

 ちんたらやっていても仕方がないので、いきなり完成形へジャンプ。

 ホップから、ジャンプ。

 

 ステップが必要な人は、詰将棋や5五将棋がおすすめです。

 盤面全体を使わないし、手数も短い。

 だから、易しいのです。

 

 しかし、はっきりしていることがあります。

 チャンク式だけでは強くなれません。

 詰将棋だけでも強くなれません。

 もちろん、高速棋譜並べだけでも強くなれません、ということ。

 

 当たり前ですが、この「~だけ」という落とし穴は、本当に強敵です。

 無自覚に、この落とし穴にはまっている人が本当に多いから。

 

 ともあれ、高速棋譜並べは、脳内将棋盤を錬成するのに、非常に効果的です。

 

 たしかに、簡単ではありません。

 ホップ、ステップ、ジャンプのジャンプなので。

 けれども、ぎこちなくても、チャンク式の応用というつもりでやっていく。

 それがよいと思いますね。

 

 最初は、3手でも、5手でもよいのです。

 図1から図2まででもOK。

 そんなふうに、気軽に高速棋譜並べを使ってもらえたら、うれしいです。

 

 詳しいことは、ピリ将もお読みください。

 今、ちょうど、高速棋譜並べの再放送中なのです。

 

ピリ将ブログ

www.piri-girl.online

 

 

◎実戦次の一手の解答と解説

 

問題図を再掲します。

f:id:Shouldgo:20181031175956p:plain

 

以下、ネタばれ注意。

正解は、

 

▲8二銀 でした。

 

先手は大駒を全部取られて、大ピンチ。

しかし、自玉は穴熊なのが心強いわけです。

 

そこで、▲8二銀と必至をかける。

これが▲7三銀と▲7五銀の両方のねらいで、勝ち。

 

実戦は、以下△7二金としましたが、▲7五銀△8五玉となりました。

この後、駒不足に見えますが、さにあらず。

 

▲7七桂と跳ぶ手が、俗に言う「パンツを脱ぐ」です。

穴熊の桂跳ねは、普通は弱体化するので避けたい手。

ですが、今回のような玉頭戦では、奥の手になることもしばしば。

以下は、▲9五玉に△9六歩と突いて、突き歩詰めなので、大丈夫。

 

まとめると、玉頭戦なので、下への逃走ルートを塞ぐことが大事です。

上記で、チャンク式、そして高速棋譜並べで挑戦するのもよいかもです。

 

 

ピリ将ホームページ
xn--rdk1bu28r.online