続ピリ将 将棋で世界一になる!!! いやいやいやいやいやいやいやいや

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

【定跡】三間飛車真部流の研究 引き角からの角交換には、攻めずに責める

はてなブログ (略称:続ピリ将)

P続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

 

 

 

f:id:Shouldgo:20180505112610j:plain

 

  

 

 

ピリ将ブログ

www.piri-girl.online

続ピリ将ブログ

www.piri-girl.work

ピリ将ホームページ
xn--rdk1bu28r.online

ピリ兵メルマガ

www.mag2.com

 ピリ将 シュうぇッチな本棚

piri-girl.hatenablog.com


 

   

 

 【定跡】三間飛車真部流の研究 攻めずに責める

 

 

 

 将棋には棋風というものがあります。 

 攻めの棋風もあれば、受けの棋風もあります。

 プロの棋風もあれば、アマにはアマの棋風というものがございます。

 

 私シュうぇッチマンは、Pピリ将の受けマシーン。

 「せめる」と打てば、「責める」と変換されます。

 あるいは、「迫める」。

 私シュうぇッチマンの辞書に「攻める」はないのかもしれません。

 

 さて、そんな私シュうぇッチマンの得意戦法、真部流の研究です。

 

f:id:Shouldgo:20180720084316p:plain

 

 ノーマル三間飛車と右側の4筋位取りを組み合わせるのが真部流。

 この真部流には、引き角から角交換に来る居飛車党が多い印象です。

 

 おそらく6七への打ち込みが見えるからでしょう。

 しかし、ここへの打ち込みは怖くありません。

 少なくとも私シュうぇッチマンは、ここへ打ち込まれて負けたことはない。

 

 たいていは、ここで▲5八角と合わせて、△7六角成を防ぎます。

 △同角成▲同金で、一時的に形を乱されますが、痛くもかゆくもない。

 

 今回は相手が羽生ゾーンをうっかりしたので、完封できました。

 すなわち、飛車の斜め下7一の地点に角を打ち、5三に馬を作っています。

 ▲2六歩を保留にしてありましたが、馬の位置は5三でなければダメ。

 

 いや、相手の方は、私シュうぇッチマンより格上の四段。

 彼の名誉のために補いましょう。

 うっかりしたのではなく、わざと打たせたのだ、と。

 合わせ角の筋をなくし、馬を作り合って勝負と考えたのだと推します。

 たとえば、▲2六角成とでもすれば、相手の思うツボですから。

 

 ただし、以下の展開で、相手は錯覚に気づかされたはず。

 

 ▲5四馬 △6四歩  ▲5七金 △8六歩

 ▲同歩  △4九角成 ▲同銀  △9五金

 ▲6四馬まで 先手シュうぇッチマンの勝ち

 

f:id:Shouldgo:20180720095040p:plain

 

 まず▲5四馬で、歩を取りながら、馬づくりを防ぎます。

 △6四歩がさすがの一手で、次に△6五歩と馬の利きを遮断するねらい。

 

 先手の側からの本音をいえば、角を切らせたくない。

 ▲5九金としてから、角を丸得したいと考えていました。

 しかし、△6四歩なので、すぐに角を取りに行き、角金交換となる。

 

 角金交換は、微妙。

 というのも、先手の美濃囲いが壊されてしまいましたから。

 ただ、馬がいい位置にいる。

 だから、大丈夫というのが、私シュうぇッチマンの考えでした。

 

 駒得したので、もう攻めるつもりはない。

 ゆっくり囲いを再生すれば、よくなるはずです。

 

 後手が角を切る前に歩の突き捨てを入れておいたのは、さすが。

 しかし、△9五金は、悪手。

 せめて飛車先を突破しようという強引な手ですが、やはり馬の力で防げました。

 

【まとめ】

 真部流に対する居飛車側角交換の仕掛けは、それほど単純には決まりません。

 馬をつくったら、その後ろ足を生かして、受けに力を発揮してもらいましょう。

 

 なお、真部流に興味のある方は、下記がおすすめです。

 

これだけで勝てる 三間飛車のコツ (マイナビ将棋BOOKS)

これだけで勝てる 三間飛車のコツ (マイナビ将棋BOOKS)

 

  

コーヤン流三間飛車の極意 急戦編・持久戦編 (プレミアムブックス版)

コーヤン流三間飛車の極意 急戦編・持久戦編 (プレミアムブックス版)

 

 

 

 

 

 ピリ将ブログに新しいお友達が加わりました。

 はてなブログ第5弾!

 『ピリ将ツメツメFive 創作5手詰めアーカイヴ』

tsumetsume5.hatenablog.com