続ピリ将 将棋で世界一になる!!! いやいやいやいやいやいやいやいや

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

【対局】理想の将棋は、終盤のないコールドゲーム

はてなブログ (略称:続ピリ将)

P続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

 

 

 

f:id:Shouldgo:20180505112610j:plain

 

  

 

理想の将棋

 理想の将棋は、終盤のないコールドゲームです。

 そう、高校野球でよく七回コールドとかいう、あれ。

 

 もちろん、おもしろいのは、終盤まで接戦になる勝負。

 名人戦などもそうでしたが、手に汗を握ります。

 

 けれども、このような発想だけだと、いつまで経っても強くなれません。

 格下の相手に対しては、あえて接戦に持ち込んで勝つ。

 それを1つの理想にしていますが、もう1つの理想は完封勝利です。

 

 終盤がやってくる前に、相手の戦意を喪失させるような指し方。

 一方では、このような激辛な将棋もまた、理想として掲げています。

 

 このような理想を実現するために必要なことは、2つあります。

 1つは、守備力。

 もう1つは、駒得力です。

 

 多くのアマチュアは、この2つが雑。

 パーフェクト・ディフェンスは、駒落としで身につきます。

 

 アマチュアの弱い人は、攻撃力と守備力のバランスが悪い。

 そう指摘されることが多いようです。

 私シュうぇッチマンも同感。

 特に守備力が弱く、勝手読みな攻撃に頼りっぱなしなので、伸び悩みます。

 

 ここでいう守備力とは、自陣の守備だけでなく、相手の守備も含みます。

 相手の受けの手を読めなければ、攻められるわけがない。

 にもかかわらず、この点が見えていないのです。

 

 もう1つの駒得力も、やはり駒落としで身につきます。

 戦力不足でも勝てることがあるのが将棋です。

 手番や駒の効率も非常に大事なので、大局観が要求されます。

 けれども、他方で「駒得は裏切らない」という格言もあります。

 アマチュアの場合、特にこの格言はよく当てはまると思います。

 

 私シュうぇッチマンは、飛車を切ることはほとんどありません。

 飛車を切るなどは、ブログに載せるほど、レア。

 たとえ詰みを読み切っていても、なるべく安い駒で仕留めようとします。

 

 前にも書きましたが、5五将棋の全駒。

 これをねらうようになって、棋力がグッと上がりました。

 

 今度のイベントでは、5五将棋の実況中継も行おうと考えているので、お楽しみに。

 

 

 

 

Q さあ、クイズです。

 いよいよあと1か月を切りました。

 Pピリ将イベントについて書いてあるのは、どれでしょう? 

 

 ヒント 〇ームページ

 

 

ピリ将ブログ

www.piri-girl.online

続ピリ将ブログ

www.piri-girl.work

ピリ将ホームページ
xn--rdk1bu28r.online

ピリ兵メルマガ

www.mag2.com

 ピリ将 シュうぇッチな本棚

piri-girl.hatenablog.com

 

 

  

 

A 正解は、ホームページでした。

 まあ、他のものにも、どこかには書いてあるので、どれを選んでも正解!!(笑い)

 

  

ピリ将イベント

日時:2018年7月15日(日)午前10時から

場所:アットビジネスセンター東京駅(東京駅八重洲中央口から徒歩6分)

 

内容:初段になるための上達法(技術からメンタルまで)

講師:細島みろく(シュうぇッチマン)

 

費用:非営利なので無料(ただし教材費〔会場費〕5,000円が必要)

定員:初心者・級位者 あと数名(早い者勝ちです)

お申込み・お問合せ:ホームページの専用メールフォームをご利用下さい。