続ピリ将 将棋で世界一になる!!! いやいやいやいやいやいやいやいや

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

【投稿】読者からのお悩み相談 戦型選びと棋譜選び

はてなブログ (略称:続ピリ将)

P続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

 

【投稿】読者からのお悩み相談 戦型選びと棋譜選び

 

f:id:Shouldgo:20180505112610j:plain

 

 

  

ピリ将姉妹ブログ

www.piri-girl.online

ピリ将の「棋譜並べ論」は、ここから始まりました。

www.piri-girl.online

 ピリ将ホームページ

xn--rdk1bu28r.online

 

 

 

 【投稿】読者からのお悩み相談

 

戦型選びと棋譜選び

 

Q1 戦型の選び方を教えてください。

Q2 シュうぇッチマンさんの得意戦法を教えてください。

Q3 棋譜選びのコツを教えてください。

Q4 その他にアドバイスがあれば、お願いします。

 

 

Q1 戦型の選び方を教えてください。

 

A1 戦型選びのコツは、ありません。

 今のところ、必勝戦法はないですから。

 

 どんな戦法でも、一長一短があるのが将棋のよいところだと思います。

 だから、今、指している戦法を運命(さだめ)だと思って、その戦法の範囲内でマイナーチェンジを繰り返すことです。

 

 ただし、例外も、いくつかあります。

 1つは、ある戦法を完全に身につけた場合。そういう方は、別の種類の戦法を身につけるといいでしょう。

 2つは、相手の側を持つ場合。振り飛車党なら、居飛車の側からも研究し、居飛車の側をときどき持つことは有意義でしょう。

 3つは、ある程度の長さで指してきて、行き詰まりを覚える場合。気分転換で新しい戦法をやってみるのは悪いことではありません。ただし、新しい戦法に変えてから、またコロコロ変えることがないようにしましょう。あまり戦法を変えすぎると、どれも中途半端で、迷いばかりが増大し、得るところが少なくなります。

 

 気をつけなければならない掟は、勝敗や好み、他人のアドバイスで決めてはいけないということ。

 もちろん、参考にするくらいなら、いいと思います。

 けれども、勝敗や好み、他人のアドバイスで決定することは、私には考えられません。

 将棋は、自らがすべての責任を取らなければならないゲームですから。

 

 戦法を選ぶ際には、その戦法の勉強を長く続けることができるかどうか、その戦法自体の魅力にどのくらい感動させられたかが大事。

 その上で、主体的に決め、その戦法と心中する覚悟で臨むことができるかどうかです。

 

 

Q2 シュうぇッチマンさんの得意戦法を教えてください。

 

A2 オールラウンダーなので、基本的にはすべて指しこなします。

 

 強いていえば、居飛車時代は、角換わり。

 振り飛車時代は、三間飛車です。

 

 もし命がけの勝負をすることになれば、このどちらかを投入すると思います。

 

 ただ、角換わりといっても、腰掛け銀はもちろん、筋違い角から右玉まで、三間飛車といっても、石田流はもちろんのこと、ノーマル三間飛車から相振り飛車まで、幅広く指しこなします。

 三間破りも得意。

 

 最近は振り飛車党ですが、角換わりの勉強をしながら、他の振り飛車の勉強に励んでいます。

 

 

Q3 棋譜選びのコツを教えてください。

 

A3 棋譜選びは、ランダムが一番。

 

 たしかに、序盤重視なら、戦型別も勉強になるでしょう。

 序盤だけを、ひたすら並べる。

 そういうアマ強豪もいらっしゃいます。

 また、級位者は、それでも仕方がない側面もあるかなと理解します。

 

 しかし、将棋は戦法が多いのが魅力なので、特定の戦法だけに強くなっても、やがて行き詰まるでしょう。

 私なら、得意戦法を外されたときの感情の乱れに、耐えることができないと思います。

 

 なので、定跡書は戦法を絞るにしても、棋譜並べは総合力を鍛えるためのものと割り切って、基本的には選り好みせずに並べるのがよいように思います。

 得意戦法を中心に並べるにしても、ときどき他の戦法も並べておいたほうが適応力が上がるはずです。

 

 ちなみに、居飛車/振り飛車、長手数/短手数、早指し/長考の別も、全種類、並べることが、私シュうぇッチマンの個人的なこだわりです。

 

 

Q4 その他にアドバイスがあれば、お願いします。

 

A4 強くなる方法は、ディープでないラーニングをしないことに尽きます。

 

 コンピュータは自身が強いので、自分対自分で、どんどん強くなります。

 ところが、人間は自身が弱い。

 だから、シャロウ・ラーニングになりがち。

 強い人やソフトと対戦して、どんどん吸収すべき。

 

 ただ、人間の心はコンピュータとちがって、脆く、折れやすい。

 だから、強い人やソフトと対戦しないことも大事。

 

 この矛盾を解決する手段が、本を使った勉強法です。

 実戦だけでは、どんな天才でも、100%強くなれません。

 

 本の中でも、特に棋譜並べは、強い人どうしの対戦だから、勉強になります。

 勝った/負けたがないので、心がへし折られる心配も無用。(一部の観る将は除く。)

 

 ここで大事なことは、自分にフィットするかどうかという基準で、棋譜や戦型を選ばないこと。

 弱い自分にフィットする/しないを議論していると、要を逃します。

 それは、強い人に憑依し、なりきるという人間特有の能力。

 己を空しうして、棋譜並べに打ち込むのが、私シュうぇッチマンの知る唯一の上達法です。

 

 もちろん、そうした没主体的な過程から、自身の主体性を徐々に起こしていけばいい。

 そういう意味です。

 

 得意戦法を作ることの意義を軽視するつもりはありませんが、だからといって、苦手をなくすことの意義を打ち消すことは大きな損失だと、私シュうぇッチマンは考えています。

 アマチュアは、相手の得意戦法を外してナンボなので。

 

 

 

無料

ピリ将メルマガ『ピリ将の兵法 将棋上達のヒント』

こちらでは、10週かけて、「持ち時間論」を展開中!