続ピリ将 将棋で世界一になる!!! いやいやいやいやいやいやいやいや

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

【ハイレベル】超・棋譜並べ論(5) 脱線の余地を残す 巨大な棋譜アーカイヴへ

はてなブログ (略称:続ピリ将)

P続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

 

超・棋譜並べ論(5)

 

f:id:Shouldgo:20180505112610j:plain

 

 

 

無料

ピリ将メルマガ『ピリ将の兵法 将棋上達のヒント』

ピリ将姉妹ブログ

www.piri-girl.online

ピリ将の「棋譜並べ論」は、ここから始まりました。

www.piri-girl.online

 ピリ将ホームページ

xn--rdk1bu28r.online

 

 

超・棋譜並べ論(5)

 

脱線の余地を残す

 

 「100局を100日で並べる」という目標を立てました。

 そのための方法論を以下、述べています。

 

将棋戦型別名局集7 角換わり名局集 (将棋戦型別名局集 7)

将棋戦型別名局集7 角換わり名局集 (将棋戦型別名局集 7)

 

 厳しく自らを律して、黙々と棋譜を並べていく。

 もっとも、こんな求道的な態度ばかりでは折れてしまいます。

 

 そこで、たまには息抜きというか、脱線の余地も残しておきます。

 

 ただし、ここが肝要ですが、脱線もまた、棋譜並べです。

 

 棋譜並べの疲れや飽きは、棋譜並べで癒やしましょう。

 

 たとえば、羽生善治先生。

 将棋の息抜きに、チェスをやります。

 そのチェスで世界大会に出場するのですから、驚きです。

 

 たとえば、谷川浩司先生。

 将棋の息抜きに、詰将棋をやります。

 詰将棋の作品集まで上梓するのですから、吃驚です。

 

 こんなふうに、超一流は、やることなすこと、循環的です。

 だから、究極的には疲れたり飽きたりしないということ。

 

 私たちの棋譜並べも同様です。

 これと決めたら、なるべくその一冊に執着します。

 脇目もふらず、100日間は1冊に集中します。

 

 と言いたいところですが、さにあらず。

 たまには、浮気もしましょう。

 ときどきは、脱線も許容しましょう。

 

 私シュうぇッチマンのやり方は、こうです。

 10局並べたら、他の棋譜集に手を出してもいい。

 なぜなら、こういう考え方が背骨にあるからです。

 

 一局を並べる < 一冊を並べる < 複数冊を並べる

 

 たしかに、ここでのテーマは、真ん中の一冊を並べるかもしれません。

 しかし、究極の目標は、最後の複数冊を並べることです。

  言い換えれば、私たちは巨大な棋譜アーカイヴを想定しています。

 棋譜の宇宙。

 

 ということは、一冊というのは、長い旅のあくまでも一里塚。

 そうならば、究極の目標にも少しはコミットしておきたいということになりますね。

 

 一冊が林だとしたら、複数冊は森。

 いきなり森=宇宙は、危険。

 だから、森も全体像を押さえておく必要があります。

 言い換えれば、森もスモールステップで攻める必要あり。

 

 ここで7つのスモールステップを復習しておきましょう。

 

(1)前から順番に並べていく。

(2)後ろから順番に並べていく。

(3)各章の冒頭から順番に並べていく。

(4)各章の後ろから順番に並べていく。

(5)「谷川浩司の見た急所」30局を順番に並べていく。

(6)腰掛け銀・棒銀・早繰り銀・その他の順番に並べていく。

(7)ランダムに並べていく。

 

 これに即して、こう考えていきます。

 

 

(一)『穴熊名局集』から順番に並べていく。 

(二)『角換わり名局集』の後ろから並べていく。

(三)各本の冒頭から順番に並べていく。

(四)各本の後ろから順番に並べていく。

(五)解説の詳しい棋譜を順番に並べていく。

(六)戦型の細かい分類ごとに並べていく。

(七)ランダムに並べていく。

 

 そうなんです。

 『穴熊名局集』から『角換わり名局集』までを巨大な一冊の本と見立てています。

 つまり、一つのシリーズが一冊の巨大な本という意味です。

 そして、一冊を一章と捉えているわけです。

 サイズが違うだけで相似なので、単位を読み替えれば、方法はまったく同じ。

 

 ただし、ここで押さえておくべきポイントがあります。

 それは、『角換わり名局集』が主で、戦型別名局集シリーズは従ということ。

 主従関係をはっきりさせておく必要があります。

 そうでないと、どんどん脱線していくから。

 

 そこで、脱線する許容範囲を決めておきます。

 脱線してよい割合は、最大3割まで。

 こう決めておきましょう。

 

 これは内容についても言えますし、勉強時間についても言えます。

 たとえば、休憩時間が勉強時間を上回るようではいけません。

 70分勉強したら、30分休憩する。

 こういうペースを想定してみてください。

 教科書を7割、副教材を3割勉強する。

 こういうバランスを意識してみてください。

 

 勉強ばかりでは、かえって毒。

 教科書だけでも、視野が狭くなる。

 だから、少しの遊び=脱線をあらかじめ計算に入れておくわけです。

 

 これを『角換わり名局集』を並べる例で言いましょう。

 3割には、次のようなものを含めます。

 

 ・名局集に載っていない角換わりの棋譜

 ・名局集に載っていない谷川・羽生戦

 ・振り飛車などの棋譜

 ・最近の棋譜

 

 大事なことは、脱線の度合いを制御すること。

 どこまでも脱線してよいとなった瞬間、ゴールが成立しなくなりかねません。

 

 あくまでもゴールへたどり着くための、有意義な休憩(アクティヴ・レスト)。

 そういう考え方に立脚しています。

 

 もちろん、脱線しなければならないということではありません。

 もし脱線したくなったら、3割までは脱線してもいいという意味です。

 

 私シュうぇッチマンは、今回の棋譜並べでは、谷川先生を意識しています。

 ですから、谷川・羽生戦を副教材に定め、復習していく。

 

 もちろん、藤井聡太全局集が出ても、対応できると計算しています。 

 角換わり、多いですからね。

 

 

谷川vs羽生100番勝負―最高峰の激闘譜!

谷川vs羽生100番勝負―最高峰の激闘譜!

 

 

藤井聡太全局集 平成28・29年度版

藤井聡太全局集 平成28・29年度版

 

 

 ときどき他の棋譜集にも浮気しながら、メインの棋譜集を並べ終える。

 それが、私シュうぇッチマンの野望です。

 

 かえって道草を食ったほうが、気分転換になり、楽しく森歩きができます。 

 

 

 

無料

ピリ将メルマガ『ピリ将の兵法 将棋上達のヒント』

こちらでは、10週かけて、持ち時間論を展開中!