続ピリ将 将棋で世界一になる!!! いやいやいやいやいやいやいやいや

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

盤面を広く見る方法 視線の往復ダッシュ

はてなブログ (略称:続ピリ将)

続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

盤面を広く見る技法

 

f:id:Shouldgo:20160902152037j:plain

 

 

ホームページは、こちら: 

xn--rdk1bu28r.online 

 

 

『ピリ将』twitterも、はじめました。 

 細島みろく(シュうぇッチマン)

 @jhimawari001

 

  

盤面を広く見る技法

 

 強い人は、どこを見ているのか。

 こんな記事があり、考え込んでしまいました。

 

biwanotane.blogspot.jp

 

 

  プロ棋士の視線や脳波を研究した結果は、ピリ将メソッドも参考にしました。

 しかし、実際の画像により見える化されたものは、はじめて見ました。

 

 単なる知識とちがい、思うところ、感じるところが多くありました。

 

 はっきりしていることは、強い人ほど、視野が広いということ。

 これは、車の運転でも言えることです。

 学問の世界にも、政治の世界にも、当てはまることでしょう。

 視野狭くして、成功なし。

 

 ただし、今回わかったことは、そのように単純化することはできません。

 なぜかというと、もう少し、細やかなニュアンスが感じ取れたからです。

 

 たとえば、敵陣を見たかと思うと、すぐさま自陣に戻る。

 あるいは、成駒を見たかと思うと、玉を見る。

 絶えず、玉や大駒、成駒を見る。

 

 反対に、ほとんど見ていないところもありました。

 自陣の居飛車、自分の持ち駒です。

 これは、おそらく頭に入っている、ということでしょう。

 

 最も驚いたのは、スピード。

 転換が、速い、速い。

 信号が明滅するように、パッ、パッと視線が動いています。

 

 私シュうぇッチマンは、終盤だけ、そんな動き方です。

 今後は、序中盤から、もっと眼球をグルグル動かすことにします。

  

 四隅の香車を見る。

 こういう格言めいたものも存在しますが、もっと多くの格言を作るべき。

 

【初級編】

 視野を広くしよう。

【中級編】

 玉や大駒を見よう。

【上級編】

 相手の持ち駒も定期的に見よう。

【有段編】

 自陣と敵陣を往復しよう。

【高段編】

 やりすぎというくらい目を動かしまくろう。

 

 

 端的にいって、脳内将棋盤で処理するものと思い込んでいました。

 しかし、目隠し将棋でない理由がわかりました。

 現状の9×9(と駒台)を、あんなに一生懸命見ているんだ、と。

 

 今日から視線の往復ダッシュを自らに課します。

 イベントで紹介しようと思っていた今までやっていたトレーニングじゃダメ。

 

 まだまだ、もっともっと、強くなれそうな気がします。

 

 

メルマガも、どうぞ。 

www.mag2.com