続ピリ将 将棋で世界一になる!!! いやいやいやいやいやいやいやいや

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

トン死しない方法(1) トン死は最悪の負け方

将棋ブログ「続リ将」

将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

 

 

f:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plain

  

 

 ホームページは、こちらから:

xn--rdk1bu28r.online

メールマガジンは、こちらからが近道:

www.mag2.com

 

 

トン死しない方法

 

 知らぬ間に、というか、知らせぬ間に。

 まぐまぐ!さんから、メールマガジン『ピリ将の兵法』を創刊しました。

 

www.mag2.com

 

 週刊(毎週水曜日発行)なので、読者登録をお願いします。

 

 メルマガ創刊記念で、トン死をテーマに連載してみましょう。

 というのも、メルマガの最初のテーマが「負け」だからです。

 

 一口に負けといっても、いろいろある。

 まずは、そこが大事だと思うのです。

 

 負けが嫌になり、将棋をやめた。

 そんな、かつての私シュうぇッチマンみたいな人もいるわけです。

 

 どんな負けがダメか。

 詳しくは、メルマガで展開していきます。

 

 ただ、トン死(頓死)は、やはり嫌な、忌むべき負けの代表格でしょう。

 

 「どうすれば、トン死しないか?」

 これはアマ棋士にとって、切実な問いです。

 この問いを克服できたら、すでにアマ高段者と言ってよいでしょう。

 

 私見によれば、アマ級位者は、とにかくトン死が多い。

 これを「『トン死率』が高い」と名づけておきましょう。

 

 いきなり「トン死しない」というのは、ハードルが高い。

 まずは「トン死率」を「下げる」ことを考えるのがいい。

 

 そのための第一の方法。

 それはやはり終盤力の向上しかないでしょう。

 

 トン死したら、頭が薬缶のように沸騰します。

 その熱を、そのまま終盤の勉強へぶつけましょう。

  やりすぎと言われるほど、終盤を勉強・勉強・勉強しましょう。

 

 具体的には、彼我の陣形を見比べる習慣づくりが大事。

 相手玉の寄せと、自玉の寄せ。

 このスピード比べをきちんと測定できるかどうか。

 

 だから、ダラダラ詰将棋をやればよいというものではない。

 《終盤力 イコール 詰将棋》ではありません。

 

 終盤力とは、攻めと受けのバランスが50%と50%に保つ力です*1

 だから、相手玉を詰ます練習をしたら、自玉の詰みを見切る練習をする。

 あるいは、凌ぎの練習をするということです。

 

 さらには、攻防問題をたくさん解く。

 そういう地道なトレーニングを日々欠かさない。

 

 そして、「トントントントン日野の2トン」を口癖にしましょう。

 

 

▼ホームページは、こちらから。
peraichi.com

 

 

 

 

*1:いや、アマチュアなら、むしろ受けの力を60~70%にまで高めてでもトン死率を下げるべきでしょう。