続ピリ将 将棋で世界一になる!!! いやいやいやいやいやいやいやいや

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

早指しの良さ 将棋は逆転が楽しい!

将棋ブログ「続リ将」

将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

 

 

f:id:Shouldgo:20160902152037j:plain

  

 

早指しの良さ

 

 珍しく観る将の立場から。

 NHK杯戦の斎藤・山崎戦が面白かった。

 最後の逆転などは、早指しならでは。

 まだ見ていない方もいらっしゃると思うので、結果は伏せておきます。

 (というか、ネタばれには気をつけていただきたい。)

 

 棋王戦。

 渡辺・永瀬戦。

 こちらは各4時間のタイトル戦。 

 負けない将棋の永瀬先生だけあって、粘りの将棋になりました。

 これはこれで、面白い。

 しかし、タイトル戦だと、早指しのような逆転の将棋にはなりにくい。

 

 最近、タイトル戦より、早指し棋戦の方が好きかも。

 

 昔のタイトル戦は楽しめたのに、なんでだろう?

 時代のせいなのか、わが年齢ゆえなのか。 

 忙しさ? 

 

 矢倉、雁木にまだ適応できていないのは大きいかもしれない。

 渡辺先生すら、そうおっしゃっているのですから。

 

 矢倉、雁木系だと、長考することができないのです。

 分からないことが多すぎて。

 考え方がわからないという意味です。 

 

 

▼ホームページは、こちらから。

peraichi.com