続ピリ将 将棋で世界一になる!!! いやいやいやいやいやいやいやいや

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

ムダ・ムリ・ムラをなくす(2) お付き合いの無駄

将棋ブログ「続リ将」

将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

 

 

f:id:Shouldgo:20160902152037j:plain

  

 

ムダ・ムリ・ムラをなくす(2)

 

 ムダ・ムラ・ムリ。

 頭文字をとって「3ム」、末尾をとって「ダラリ」とも。

 

 悲しきことに、私シュうぇッチマンの人生、この3語で要約できます。

 だから、偉そうに、読者にご高説を垂れる権利は微塵もございません。

 

 よって、ただの自戒に過ぎず、言いたいことも、ただ1つ。

 私シュうぇッチマンと同じ轍は踏まないでね。

 

 昔、同僚に教わって、稲妻がスパークしたことがあります。

 「自分のことは棚に上げないと、逸材は育てられない。」

 

 ★

 

 さあ、それでは、前置きはこのくらいにして、「ムダ退治」に行きましょう。

 

 無駄には、たとえば、「組織の無駄」があります。

 別名、「お付き合いの無駄」「人間関係の無駄」。

 

 今、『ピリ将』では、ポーカーフェイス論を展開しています。

 これは、ある意味、「人間関係の無駄」を克服する一手段でもあります。

 

 実は、私シュうぇッチマンも含めて、多くの人々は、勘違いしている。

 人間関係って、よいものだって。

 

 本当でしょうか?

 周りの人間が皆、利他的な人間なら話はわかります。

 しかし、揃いもそろってエゴイスト集団であることは火を見るより明らか。

 人間関係は、遠ざけるに如くはなし!

 

 お付き合いを増やすと、仕事が増えます。

 雑事も増えます。

 当然、考えなければならないことも増えます。

 考えるだけならよいけれども、悩みも増える一方。

 

 どうして、そんなに苦行をしなければならないのか?

 一度、立ち止まって考えるに価する問いだと確信しています。

 

 棋士がベテランになると弱くなる理由。

 それは、付き合いが増えるからという説があります。

 

 脳は身体に比べて衰えの少ない臓器です。

 100年くらいでは損なわれない最強の臓器との説も。

 ならば、将棋が弱くなる原因が人間関係というのも頷けます。

 

 断っておきますが、私シュうぇッチマン、いわゆる人間嫌いではありません。

 いや、正直いうと、人間嫌いなところもあります。

 昔、担任に「人間嫌いなのか?」と真顔で聞かれたこともありますから。

 しかし、卒業後、その担任に「人間嫌いじゃなかったんだね」とも。

 ポーカーフェイス度を調節しているだけ。

 だから、人間嫌いでもあるし、人間好きでもある。

 これが、ムラを生んでいる最大の理由かもしれませんが。

 

 ただ、ムダやムリを防ぐためには、お付き合いのムダ、同ムリは避けましょう。

 

 好きな人、居心地のいい人とだけ付き合う。

 そうでない人とも付き合うが、最小限にとどめる。

 

 時には修行のため、変な人、不幸を連れてくる人とも付き合うことも。

 しかし、基本は、幸運を運んでくれる人とだけ付き合いましょう。

 

 いい人すぎると、将棋では勝てない。

 逆に、勝てない人は、いい人すぎるということ。

 どちらがいいかは、微妙。

 

 片岡鶴太郎さんは、すごい。

 ヨガのため、奥さんも友人も失ったと言っているのだから。

 

 私シュうぇッチマンは、ここまで真似する勇気はありません。

 

 

 

▼ホームページは、こちらから。

 少しずつコンテンツを充実させていきます。

peraichi.com