続ピリ将 将棋で世界一になる!!! いやいやいやいやいやいやいやいや

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

実戦詰将棋風 合駒は大事【解答解説】

将棋ブログ「続リ将」

将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

 

 

f:id:Shouldgo:20160902152037j:plain

  

 

実戦詰将棋風【解答解説】

 

 問題図を再掲します。

 

f:id:Shouldgo:20180204155706p:plain

 

  以下、ネタばれ、注意。

 正解を記します。

 

 ただし、その前に、自玉の詰み(トン死筋)から。

 合駒が金でも、先手玉は詰めろ。

 △2九角▲1七角△2八角(もちろん△3九角でも可)まで。

 

 もちろん、実戦で、そんなトン死は食いません。

 なるほど、手を戻すのも有力ですが、△4八飛や△5五角の攻防手を嫌いました。

  実戦は、 

 

  ▲3一銀△3三玉▲4二飛成△2三玉

  ▲2二金△1三玉▲2三金打△同銀

 ▲同金までで、後手の投了となりました。(投了図)

 

投了図(▲2三同金まで)

f:id:Shouldgo:20180204184900p:plain

 

 以下、△同玉▲2二竜で詰みです。

 2手目△同玉も、▲4二金以下、銀を取り返しつつ、詰み。

 

 はい、ここまでは、【初級者コース】でした。

 ところが、ここから【中級者コース】が始まりますよ。

 

 じつは実戦の手順は、トン死。

 なぜなら、2手目は、△1三玉(図1)が最善だったから。

 

図1

f:id:Shouldgo:20180204185213p:plain

 

 これぞ、凌ぎ!

 

 お考えください。

 先手の持ち駒に斜めがないので、詰みません。

 実戦詰将棋「風」と題したゆえん。

 

 なるほど、▲2三金に△同銀なら、▲2二飛成まで。

 しかし、△同玉で不詰み。

 以下、▲2二金△3三玉▲4二飛成で、詰みそうに見えなくもない。

 が、▲2二金には、再度△1三玉と戻って、わずかに詰まないのです。

 ▲2三金の代わりに▲1二金は、△同玉なら▲3二飛成。

 しかし、△同香があって、うまくいきません。

 

 というわけで、△1三玉には、▲3八銀(図2)と手を戻す。

 で、▲3二飛成や▲2三金、▲2五桂などを楽しみに。

 

図2

f:id:Shouldgo:20180204185500p:plain

 

 今回は、合駒や、手を戻すタイミングに関するお話でした。

 いつも詰むとは限らないので、こういう呼吸も大事にしたいものです。

 

 と、ここまでが、【中級者コース】。

 だが、しかし、ここは『続ピリ将』であることをお忘れなく。

 ここからが佳境で、【上級者コース】へ突入します。

 

 ▲3八銀に対して、単純な攻め合いなら、先手の勝ち。

 ゆえに、当然、後手も△2一金と手を戻す。

 問題は、ここ。

 先手に鬼手があります。

 

  ▲3二飛成!

 

 後手はもちろん△同金の一手ですが、そこで、さらに継続の鬼手。

 

  ▲3三金!!(図3)

 

 後手は、銀を取ることも、金を取ることもできません。

 「『ダブル・バインド』とは、まさにこのことよ」と言わんばかりでないか!

 

図3

f:id:Shouldgo:20180204185750p:plain

 

 というわけで、ここまでが、【上級者コース】。

 ところが、しかし、油断禁物。

 まだ【有段者コース】が用意されています。

 

  △2八飛!!!

 

 げげっ!

 そう、△5五角(図4)から金を素抜く手があるのです。

 

図4

f:id:Shouldgo:20180204190120p:plain

 

 もちろん、これはこれで飛車をもらえるので、いい勝負。

 ただし、先手は不満。

 

 というわけで、「飛車切りは、やり過ぎ」というのが結論になります。 

 いやあ、将棋は、むつかしいですね。

 

 

 

  

 

 

▼ホームページは、こちらから。

 自作詰将棋も載せてみました。

peraichi.com