続ピリ将 将棋で世界一になる!!! いやいやいやいやいやいやいやいや

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

はてなブログPRO 12のメリット/デメリット~ある将棋ブログの場合

将棋ブログ

「続ピリ将」将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

 

 

 

f:id:Shouldgo:20160902152037j:plain

  

 

はてなブログPRO

 2月になりました。今年の目標は、IT系でがんばること。

 さしあたり、1月はホームページをつくってみたり、はてなブログをPROにしたりしてみました。

 そこで、ホームページについては『ピリ将』で、はてなブログについては『続ピリ将』で思ったこと、感じたことを、備忘のため、メモしておきたいと思います。とりあえず、次の2問を取り上げましょう。

 

 Q1 なぜ、はてなブログなのか?

 Q2 はてなブログPROには、メリットがあるのか?

 

はてなブログを選んだ3つの理由

 まず、Q1から。はてなブログの最大の魅力。それは、一般的には、はてなブックマーク(はてブ)でしょう。なぜかというと、はてブがつくと、検索の順位が上がるという都市伝説があるからです。いや、都市伝説でなく、事実なのかもしれませんが、しかし、ピリ将には、はてブはほとんどつきません。アクセスがなかった時代は、はてブにどれだけ焦がれたことか。ところが、実際は、はてブは、少なくとも『ピリ将』の場合、まったくと言ってよいほど、無関係でした。これまではてブは、自作自演を除けば、十指に余るくらいだったと思います。そういう意味では、私シュうぇッチマンからすれば、はてなブログを選ぶ意味は、ないという結論になります。

 ただし、ここからが不思議というか奇態なところ。ピリ将は、はてブがつかなくても、検索順位がそこそこ上がっているので、よかったな、と。はてブや新着エントリーに関係なく、検索順位が上がることがわかったので、逆に、はてなブログにしています。コツは、毎日コツコツ続けること以外に心当たりがありません。

 また、以前にはてなダイアリーをしていたことも大きい。なるほど、Word Pressもおすすめです。デザインに凝りたい方やアフィリエイトに励みたい方は、WPのほうがよいでしょう。しかし、私シュうぇッチマンは、デザインには無頓着、またアフィリエイトよりは、純粋に読んでほしい人に読んでほしいだけなので、最初は読者数がなかなかつかないWord Pressよりも向いているかな、と考えたわけです。ただ読んでほしいというだけなら、はてなブログが、少なくとも初心者には、おすすめです。

 

はてなブログPRO 12のメリット/デメリット

 はてなブログPROにする長短については、次のように言われているようです。

 

www.lifelogweb.com

 

1.ブログ10コ

 たしかに10個も書けるのかな。しかし、私シュうぇッチマンは、書くかもしれない。

 いや、己を過信するのは、やめておきます。ピリ将と続ピリ将で、しばらくいこう。

 でも、よい方法がないか、考えることはやめないつもり。どこかに成功事例は落ちていないかな? ご存知の方がいたら、教えてください。

 まあ、他の方とちがって、もともと2つブログを書いているから、その面では得している部分があるかもしれません。10個は行き過ぎだとしても、複数書いている人には、1つの人に比べたら、メリットがあると言えば言えます。

 

2.アクセス解析

 現在は廃止されたとのこと。まあ、別に、PROでなくても、困っていませんでした。

 「だいたい3日に1度くらいのペースで見ているのね。」このくらいの把握ですから、うちは。

 あとは、アクセスの多いページを手直しするくらいかな。でも、これでpvが100くらい変わるようなので、大事です。

 あまり数値を気にしすぎると、気を病むので、ほどほどに。将棋のレーティングや、学校の偏差値も、同様。

 アクセス。最後は、他力本願。

 

3.広告非表示

 これ、一番大事。最近、ブログ乗っ取られ事件があったので、広告に嫌気がさしました。

 広告って、もっとナチュラルに出すべきだと思う。そのうち、そうなるんだろうなと想像すると、背筋が氷る。

 無料ほど高いものはない。昔、将棋部の部長と論争したときのことが偲ばれます。

 

4.ブログメンバー機能

 これ、普通は要らない。しかし、うちはピリギゃルもいるので、共同管理できるのは魅力。

 そのうち、お得意さんにも登場してもらったりすれば、楽しいかな、と。そうしたら、一人で書かなくてよくなる。

 

5.写真アップロード容量

 これは、ありがたいかも。将棋の図面も、全部写真なので。

 これからは、もっと写真もアップしていきたいな。

 そういえば、写真で思い出しました。将棋の宣材写真が、少なすぎる! ホームページをつくるときに、困りました。

 安い折りたたみ将棋盤に、チープな書き駒。こんな写真しかないのでは、将棋界はダメになります。

 ここで、日本将棋連盟への提言。

 「普及のため、質の高い無料写真を大量に提供すべきでないでしょうか?」

 ついでに皆さんへも。

 「それぞれのブログに、将棋関連の写真をアップしましょう。そして、それを『フリー素材』にしてしまいましょう。」

 今日、これが一番、言いたかったことです。胸のつかえが下りました。むろん、強制ではありませんよ。

 

6.独自ドメイン

 これも、最大のメリットらしいから、いちおう取りました。

 

 『ピリ将』www.piri-girl.online

 『続ピリ将』www.piri-girl.work

 

 音読してみましょう。

 トリプルダブリュー、ドット、ピリ、ハイフン、ガール、ドット、オンライン。

 トリプルダブリュー、ドット、ピリ、ハイフン、ガール、ドット、ワーク。

 

 Googleアドセンス。昔やっていたけれども、イマイチでした。何か紙が送ってきたけれども、英語だったし、少額っぽかったので、捨てていました。でも、最近はネット文化なので、もう一度、やってみるかな。ライバル多そうだけど、将棋は意外と穴場かも。ただ、昔はそんなことはなかったけれど、最近は独自ドメインがないと、審査に通らないらしい。というわけで、お名前.comで、独自ドメインを取得しました。

 とりあえず、アマゾンアソシエイトに申請してみました。審査厳しいというから、まったく期待していないけれども、そうは言いながらも、もしアマゾンギフト券もらえるようになったら、将棋の本を買いたい。できれば、『将棋年鑑』が買えたらうれしい。それ以上、儲けたら、あぶく銭なので、イベントなどで還元するかも。あと、いつもお世話になっているサイト「棋譜ぺったん」さんに棋譜寄付したい。万が一儲けすぎたら、カジノで豪遊するか、名人をゲストに呼んで、みんなで指導していただきましょう。オイオイ

 妄想が止まらなくなりました。最近、妄想できなくなってきたので、これだけでもお得だったかも。

 あと、独自ドメインがあると、万が一、引っ越しする場合には、助かるらしい。面倒なので、ピリ将はしないと思うけれども。

 

7.はてなダイアリープラス

 たしかに、はてなダイアリーがない人は、無意味。ただ、私シュうぇッチマンにははてなダイアリーがある。今は非公開にしているけど、昔の厚みがあるんです、実は。

 これを機に、昔の遺産を引っ張り出してこようかな。

 

8.キーワード自動リンクオフ

 昔、はてなのキーワード、せっせと作りました。今の人には、意味がわからないでしょうけれども。

 『舟を編む』じゃないけど、楽しかったなあ。ネット世界を自身で開拓していく喜びがありました。 

舟を編む

舟を編む

 
舟を編む (光文社文庫)

舟を編む (光文社文庫)

 

  まあ、もう自動リンクは要らないかも、と思います。時代。間違った区切りで、リンク貼られるのも迷惑なので、オフにしました。

 「思い出、グッバイ。」

 

9.ヘッダとフッタ非表示

 もう現状に慣れたので、ヘッダはそのままに。フッタは非表示にしました。

 

10.費用がかかる

 ごめんなさい。多くの方のお悩みはここだと思うのですが、私シュうぇッチマンは、ここはスルーなのです。

 お金の心配があまり要らないのが、中年社会人のよいところ。

 

11.利用規約・禁止事項

 これに触れると、資金が無駄になるので、注意しなければ。心当たりといえば、「ピリギゃル」の名称くらいか。もっとも、これはちゃんと調べたので、合法。ただ、グレーといえば、グレーかも。これからは、いらぬご迷惑や誤解を防ぐためにも、タイトル等を順次『ピリ将』に切りかえていきます。それ以外の悪事は(それも悪事ではないはず)、はたらいていないつもり。

 

12.みんなPRO

 私シュうぇッチマンは結構、最近いろいろなブログを読むようになりました。勉強になるもの、笑えわせてもらえるもの、戒めになるもの。

 気づいたんですが、そういったブログって、みんなPROなのね。特に毎日更新されているブログは、ほとんどがPROだった。だったら、私シュうぇッチマンもって、思ったって、わけ。

 多くの人が集まるところには、何か理由がある。基本的にはこういうふうに考えています。人数というのは一方で危険でもあり、もう一方で必要なものでもあります。南方熊楠=鶴見和子のいわゆる膵点。そういう捉え方をしています。曼荼羅のエネルギーが集積するところ。多くの方がPROを名乗っているのなら、その看板にも何らかの意味がある、という投企。

 野次馬が集まっている。火事かもしれない。とりあえず、行ってみる。何もなければ帰る。それと同じで、意味がないのなら、解約すればいいや、と。

 将棋はアマだけど、プロの部分も、たぶん、おそらく、どこかにあるぞ。そんな小さな、あまりに小さな自負のためにも、まあ、PROにしておこうか、と。(まだ始めたばかりなので、よくわかっているわけではありませんが、正直いって、後手よりは先手のほうがいいのかな、というレベルの問題だと思っています、今のところ。)

 ピリ将って、まだまだアマチュア。たまごクラブ、ひよこクラブの世界。でも、そこそこは影響力が大きくなってきたのもたしか。

 だから、もう少しだけ、責任感を持とう、という意味でもPROにしました。

 従来のメソッドのアンチテーゼばかりでなく、これからはもっと良心的な、オーソドックスな記事も増やしたいと思います。

 

まとめ

 以上をまとめると、1・3・4・5・6・7・8・12がメリットで、デメリットはさほど感じていないということになります。

 もちろん、やってみないとわかりませんが、今のところアフィリエイトねらいではないつもりなので、メリットもさほど感じているわけではありません。あくまでも、私シュうぇッチマンの場合、ですが。

 迷っている方へのアドバイスがあるとすれば、「1年以上書いてみて、それから、考えてみればよいのではないでしょうか?」という感じかなあ。

 ごめんなさい。まだよくわかっていないのですが、最初の感想は残しておきたいと思って書きました。

 

※他のメリット、デメリットがあれば、教えてください。

 

 

 

 (広告)今度、イベントをするので、来てね。

 

▼ホームページ版の告知

「ピリ将.online」で検索すれば、一発表示!

peraichi.com

▼ブログ版の告知

cixous5.hatenablog.com