続ピリ将 将棋で世界一になる!!! いやいやいやいやいやいやいやいや

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

地図をひっくり返せるか? ひふみんアイの研究(5) 先手と後手

将棋ブログ 愛称:続ピリ将

続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

地図をひっくり返せるか? ひふみんアイの研究(5)

 

f:id:Shouldgo:20160902152037j:plain

 

先手と後手

 前回、広義の先入観について、述べました。

 

 広義の先入観には、いろいろとあるでしょう。

 駒得を重視しすぎる、大駒を大切にしすぎる、勝敗を意識しすぎる、等々。

 

 私シュうぇッチマンの診るところ、究極の先入観が1つあります。

 

 それは、先手と後手問題です。

 これは、大袈裟にいえば、洗脳といってよいレベルでしょう。

 

 棋書を開くと、必ず先手が手前に書いてあります。

 たまに後手を手前にしているものもありますが、だいたい先手が手前。

 

 そして、先手が有利になるように導いていきます。

 先手が勝つようになっていると言ってもいい。

 

 後手が手前になっていても、同様です。

 手前である後手が勝つようになっています。

 

 しかし、実戦では、そのような保証はありません。

 手前が苦しいことも、たくさんあります。

 

 棋書によるかぎり、相手側から読むという能力が育ちません。

 それが言い過ぎならば、育つのが遅くなると言い換えます。

 いずれにせよ、健全な発達を阻害している気がしてなりません。

 

 たとえば、棋譜並べをするとしましょう。

 先手側を持って並べると、スラスラ進みます。

 ところが、後手側を持って並べると、渋滞する。

 

 これは、対称であるべき先後が、非対称になっていることを意味します。

 より過激な言葉を使えば、「歪み」以外の何物でもありません。

 

 学習環境がこうなっているのであれば、打てる対策は1つ。

 意図的に後手側を持つようにしましょう。

 むろん〈後手側を手前にする〉と〈手前にしない〉の両方です。

 

 棋譜並べのとき、先手10回、後手10回と並べます。

 たしかに、ピリ将で、そう申し上げました。

 しかし、こうも、申しました。

 勝っている側から並べる、と。

 

 つまり、後手を先に並べて、先手を後に並べる場合もあるわけです。

 いつも教条主義的に先手10回、後手10回と並べることには弊害があります。

 級位者はどうでもよいですが、段位者はこのあたりにも自覚が必要です。

 

 最初に後手10回、先手10回並べるパターンを増やすべきだと考えます。

 また、先に手前を負ける側にすることも、非常に大事。

 自身よりも相手の側に肩入れする訓練を積みましょう。

 

 観戦にしても、同じ。

 格上を向こうに反転させて、相手の側に主観を置くわけです。

 

 こうして、手前の側から読むのではなく、相手の側から読むバランスを作ります。

 

 私シュうぇッチマンが棋書を編むなら、先手側と後手側を併記します。

 あるいは、横から岡目八目で眺めた図を掲げたい。

 そんな表示ができるソフトがないので、回転させるのが非常に面倒なんですが。

 

 横向きで対戦できるソフトも開発してほしい。

 技術的には、めちゃくちゃ簡単なはずなので。

 

 教育用のソフト開発の計画があれば、全面協力させてください!!!

 

 

 話を戻すと、先後では先手番の勝率が高いのが通常ですが、いけません。

 後手番に強くなるよう、研鑽を積みましょう。

 あるいは、先後の勝率を限りなくイコールにすべし。

 

 「後手持ちが習慣になっちゃって。」

 こう言いながら、棋譜を間違えて反転してしまえるようになれば、本物。

 

追伸: 

 棋譜並べのときも、振り駒をしよう。

 

 

(PR)将棋のイベントをすることにしました。 

cixous1.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 一世名人 大橋宗桂(初代)

二世名人 大橋宗古

三世名人 伊藤宗看(初代)

四世名人 大橋宗桂(五代)

五世名人 伊藤宗印(二代)

六世名人 大橋宗与(三代)

七世名人 伊藤宗看(三代)

八世名人 大橋宗桂(九代)

九世名人 大橋宗英(六代)

十世名人 伊藤宗看(六代)

十一世名人 伊藤宗印(八代)

十二世名人 小野五平

十三世名人 関根金次郎

十四世名人 木村義雄

十五世名人 大山康晴

十六世名人 中原誠

十七世名人 谷川浩司

十八世名人 森内俊之

十九世名人 羽生善治