続ピリ将 将棋で世界一になる!!! いやいやいやいやいやいやいやいや

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

四段で花開く方法(5)持ち駒を使わない

将棋ブログ 愛称:続ピリ将

続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

四段で花開く方法(5)

 

f:id:Shouldgo:20160902152037j:plain

 

四段で花開く方法 

  練習将棋では格上に手痛い目に遭うので、不調だと思っていました。

 しかし、本番では今年に入って無敗であると気がつきました。

 

 将棋ウォーズの勝率がいつの間にか8割を越えていて、のけぞりました。

 将棋倶楽部24が主戦場だが、こちらも全勝。

 

 下のクラスでも、こんなに勝ったことがないので意外。

 まぐれなのでしょうが、思い当たる節、なきにしもあらず。

 どうして、こういう結果になったのか、以下、言語化してみましょう。

 

弱い人にハンディ付きで勝つ

 強い人と戦うということを2回つづきで書いてました。

 しかし、ピリ将といえば、弱いPCとの対戦での調整も有名。

 当然、この調整は現在も続いています。

 

 負けるが勝ちというルールの将棋。

 これは、面白すぎます。

 

 自玉が詰むと勝ちとルールを反転し、コンピュータどうしを対戦させる。

 こんなブログも登場しました。

 

qhapaq.hatenablog.com

 

 綱引きをどんどん弛める感覚。

 羽生さんもおっしゃっていますが、強い手だと反動が大きい。

 弱いソフトと向き合うことも、上達法に取り入れたいものです。

 

 弱いソフトに単に勝つだけでは、飽き足らなくなってきました。

 当然ですね。

 そこで、最近、持ち駒を使わないという荒業に出ました。

 

 なるべく持ち駒を宝の持ち腐れにする。

 特に終盤になればなるほど、持ち駒を凍結する。

 経済制裁された某国みたいに。

 

 盤上の駒のはたらきを最大化して、勝つ。

 終盤であえて負荷をかけることにより、格上との厳しい終盤戦に備える。

 

 これは本当に力になります。

 

 いうまでもないが、持ち駒を使った場合と、使わない場合の双方を読みます。

 前者で勝つことが分かっていても、あえて別ルートで勝ちに行く。

 これが大事です。

 

 本番では、持ち駒を腐らせる展開を避けられるようになる。

 反対に、相手の攻めを切らそうとして持ち駒をため込む展開にも強くなる。

 贅沢もできるし、節約もできるわけで、まさに一石二鳥、ですね。

 

 ただし、こういう訓練をすると、早指し力が衰えると心配になるでしょう。

 だから、持ち時間を60秒にして、前半と後半に分けるのです。

 前半の30秒で持ち駒使用版、後半の30秒で持ち駒不使用版を読みます。

 

 以上のポイントは、ある種の駒落ちだということ。

 言い換えれば、弱いソフトにも使い途があるということです。

  

 

(PR)将棋のイベントをすることにしました。 

cixous1.hatenablog.com