続ピリ将 将棋で世界一になる!!! いやいやいやいやいやいやいやいや

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

四段で花開く方法(6)高速棋譜並べよ、永遠に 完

将棋ブログ 愛称:続ピリ将

続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

四段で花開く方法(6) 完

 

f:id:Shouldgo:20160902152037j:plain

 

四段で花開く方法 

  練習将棋では格上に手痛い目に遭うので、不調だと思っていました。

 しかし、本番では今年に入って無敗であると気がつきました。

 

 将棋ウォーズの勝率がいつの間にか8割を越えていて、のけぞりました。

 将棋倶楽部24が主戦場だが、こちらも全勝。

 

 下のクラスでも、こんなに勝ったことがないので意外。

 まぐれなのでしょうが、思い当たる節、なきにしもあらず。

 どうして、こういう結果になったのか、以下、言語化してみましょう。

 

高速棋譜並べの大流行

 いきなり声を大にしますが、ピリ将の最大の目玉は「高速棋譜並べ2016」です。

 高速棋譜並べの概念を、ものの見事に上書きしてしまいました。

 

fumitan-shogi.com

 

 一時期、こちらのブログにも紹介していただいて、爆発的に広まりました。

 最近は埋もれてきたようなので、再活性化を図ります。

 

 高速棋譜並べで検索していただければトップに来ますが、下記からも、どうぞ。

 

cixous5.hatenablog.com

 

 この高速棋譜並べが、私シュうぇッチマンの屋台骨。

 最近、表面には書きませんが、これにより、爆発的に強くなったことは疑いようがありません。

 

 最近は町の将棋道場でも取り入れるところが出ているようで、うれしいかぎり。

 スラスラ並べていると、強そうに見える。

 で、それに憧れて、子どもたちが競って並べるのだそうです。

 

 この高速棋譜並べ2016は、基本的には完成しています。

 実際、完成から2年以上が経ちますが、修正の必要をまったく感じません。

 自分の口でいうのは、少しはばかれるのですが、完璧なメソッド。

 現に、多くの読者の方々が効果を実感し、結果を出していらっしゃいます。

 

 ただ、棋力に応じて、やりかたに工夫があってもよいかと思います。

 私シュうぇッチマンが最近取り入れているのは、仕掛けのタイミングでの減速。

 

 ものすごい勢いで並べる。

 しかし、仕掛けの重要ポイントだけ、立ち止まる。

 このような工夫をしています。

 

 これは手拍子で指すことを戒める効果があります。

 同時に、一局の勝負どころを逃さないことを自らの血肉にするねらいです。

 

 リバーシをするようになって、序盤の大切さを意識できるようになりました。

 

 リバーシは、隅をめぐる攻防と思われがち。

 間違いではありませんが、究極は最初の中央にある4石をめぐる攻防です。

 

 序盤の数手で優劣、勝敗が決します。

 将棋よりもシンプルなだけ、そうなります。

 

 将棋は複雑なので、そのことを忘れがち。

 しかし、仕掛けのタイミングは非常に重要。

 大平先生も、高段者には仕掛けのタイミングを意識した棋譜並べを奨めています。

 

  クイック、クイック、スロー、クイック、クイック、……

 

 こんなメリハリのある指し方も心がけたいものです。

 

 ちなみに、迂闊にも知りませんでした。

 5秒ルールを。

 

 この機会に、補足させていただきます。

 行動力のない人は、5秒のカウントダウンが効果的なんだそうです。

 

  5、4、3、2、1、実行!

 

 どうしてかというと、6秒以上だと考えてしまい、躊躇する。

 だから、行動力が鈍るのだそうです。

 

 行動力を高めるには、10秒前からのカウントダウンではダメ。

 5秒前からのカウントダウンがベスト。

 

 図らずも、ピリ将メソッドでは6秒指しを推奨していました。

 大正解だったのです。

 やはり5秒では考えることができないのです。

 

 以上を組み合わせると、こうなります。

 

  6秒、パシッ、6秒、パシッ、仕掛けの要所13秒、パシッ、6秒、パシッ・・・

 

 仕掛けのタイミングで「どっこいしょ」と言いましょう。(笑い)

 終盤の入り口でも同じことをすると、なお、よいでしょう。

 

 

 以上をもちまして、「四段で花開く方法」の連載を終了とします。

 ご高覧、ありがとうございました!

 

 

(PR)将棋のイベントをすることにしました。 

cixous1.hatenablog.com