続ピリ将 将棋で世界一になる!!! いやいやいやいやいやいやいやいや

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

四段で花開く方法(3)もう少し強い人に教わる

将棋ブログ 愛称:続ピリ将

続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

四段で花開く方法(3)

 

f:id:Shouldgo:20160902152037j:plain

 

個人コーチング、はじめました。

xn--rdk1bu28r.online

 

 

四段で花開く方法 

 練習将棋では格上に手痛い目に遭うので、不調だと思っていました。

 しかし、本番では今年に入って無敗であると気がつきました。

 

 将棋ウォーズの勝率がいつの間にか8割を越えていて、のけぞりました。

 将棋倶楽部24が主戦場だが、こちらも全勝。

 

 下のクラスでも、こんなに勝ったことがないので意外。

 どうして、こういう結果になったのか、以下、言語化してみましょう。

 

もう少し強い人に教わる

  「将棋の上達法で、究極の奥義は?」

 こう問われると、あれしかない。

 

 「自分より少し強い人と対戦する。」

 

 実際、この答えを口にする棋士が圧倒的に多い。

 私シュうぇッチマンも、これには異論がない。

 

 ただし、自身は長いこと、棋力が上がらなかった。

 万年初段。

 だから、ずっとずっと同じレベルと対戦し続けてきた。

 

 最近、ようやく段位が上がり、強い人と対戦できるようになった。

 そこではじめて、「自分より少し強い人」と対戦できるようになった。

 かつての己れからみたら、「自分よりかなり強い人」。

 

 今、私シュうぇッチマンは、ネット上では四段の棋力があるようだ。

 免状は十年に一度しか申請しない主義なので、三段のままだが。

 

 長らく初段レベルだったので、四段でも相当強く感じる。

 五段となると、雲の上の仰ぎ見る存在。

 たまに勝てる人もいるが、十に一も勝てない人もいる。

 

 ただ、対戦機会を得るようになったこと自体が大きい。

 それがたぶん、成長につながっている。

 

 初段だと、対戦相手は1級、初段、二段となる。

 四段だと、対戦相手が三段、四段、五段だ。

 この層の違いは、大きい。

 もう1級~二段とは、当たる機会すらほとんどない。

 

 同じように、棋力向上が停滞している人もいるだろう。

 たまには背伸びして対戦するようにすると、よいかもしれない。

 

 将棋倶楽部24なら、タブのトップと対戦する。

 10級でも6級と、5級でも1級と、初段でも七段と。

 

 将棋ウォーズの場合、「少し強め」で指すのは、おすすめしない。

 常時、強者と戦っていると、嫌気が差すから。

 

 常に指すのではなく、たまに。

 心が折れては、元も子もない。

 

 一時的に「少し強め」にしてみるということ。

 24や81なら、数局に一回、少しでなく、もう少し上に対戦を申し込む。

 

 格上でも、がむしゃらに向かっていけば、いつか勝機も見えてくる。

 意外と大したことがないということもある。

 そして、いつしか、気づけば、同格がぬるく思える、なんてこともあるだろう。

 

 とりあえず、強い人と対戦できるようにという目標を設定する。

 その手段が、レーティングや段級位を上げることなのだ。

 

 

 

(PR)将棋のイベントをすることにしました。 

cixous1.hatenablog.com