続ピリ将 将棋で世界一になる!!! いやいやいやいやいやいやいやいや

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

スランプじゃないけれど、勝てません。

将棋ブログ 愛称:続ピリ将

続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

スランプじゃないけれど、勝てません。

 

f:id:Shouldgo:20160902152037j:plain

 

 今日は、かぎりなく、ひとりごと。

 

 最近になって、考えることがあります。

 私シュうぇッチマンは、強くなったなあって。

 

 慌てて付け加えますが、うぬぼれているわけではありません。

 むしろ、その逆。

 

 私シュうぇッチマンは、たしかに強くなりました。

 段位も上がったし、レーティングも上がりました。

 強い相手にも勝てるようになりました。

 会心の妙手を放って勝つこともできるようになりました。

 詰将棋も短時間で長手数読むことができるようになりました。

 定跡も棋譜もたくさん覚えました。

 将棋ウォーズのレーダーチャートもいつしかふくよかになりました。

 何度か優勝もしました。

 まさに飛ぶ鳥を落とす勢い。 

 

 しかし。

 勝てないのです。

 

 スランプではありません。

 いや、ひょっとしたら、少し調子が悪いのかもしれません。

 

 けれども、それは本質的な原因ではありません。

 勝てない原因。

 それは。

 

 相手が強すぎるからです。

 大事だから、もう一度繰り返しますね。

 相手が超・強すぎるから。

 

 最近、超絶に強い強豪と対戦できるようになりました。

 その権利を得たことは、非常にうれしい。

 けれども、勝てないのです。

 

 1つ、2つ勝てないというレベルではありません。

 まったく勝てません。

 

 正確に言うと、勝てる気すら起きません。

 勝てるイメージが微塵たりとも湧いてきません。

 

 「こいつには永久に勝てない。」

 この一句が頭にこびりついて離れてくれそうもありません。

 

 将棋ソフトに対する感想と同じ感想です。

 相手が皆、ソフト指しなら、納得も行きます。

 でも、たぶん、そうではない。

 

 決して弱気になっているわけではありません。

 だから、精神論や根性が足りないわけでもありません。

 

 なるほど、努力が不足しているということはあるでしょう。

 しかし、その努力が具体的に見えてこない。

 

 いや、正確に言うと、努力の量と質は、深く理解できます。

 むしろ、痛いほど。

 

 しかし、そんな努力をする時間がない。

 すべてを将棋に捧げる覚悟が決定的に足りないと言ってもよい。

 

 世の中にはどうして、こんなに強い人がいるのだろう。

 しかも、たくさん。

 

 1人や2人、勝てない人がいるなら、納得いきます。

 けれども、何百人も、何千人も、いるわけです。

 やっていられません。

 

 トップアマの強さは、はかりしれない。

 本当にバケモノです。

 

 いや、彼らが人類最強戦士というなら、百歩譲って、よしとする。

 彼らより、さらに強いのがプロ棋士だというのですから、もう。

 その彼らより強いのがトップ棋士

 そのトップ棋士に君臨するのが羽生善治

 それより強いのがAI。 

 

 将棋の道は、千里の道にして、高峰。

 強い人でも、せめて十番に一番くらい、入れられるようになりたいです。

 否、大差を僅差に、僅差を微差に、縮めたい。

 そのために、どうすればよいか。

 

 誰か、私シュうぇッチマンより強い人。

 で、なおかつ、晩学の人ね。

 もしいれば、このブログのようなブログの上位版を書いてほしい。

 

news.yahoo.co.jp

 

 羽生さんに訊いてみようかな。

 いや、最強の人に訊いても、、、

 

 ともあれ、羽生さん以外は皆、同じことを考えるはず。

 そう思い、今日もこのブログを書いています。