続ピリ将 将棋で世界一になる!!! いやいやいやいやいやいやいやいや

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

電光石火 早指しマニュアル(5) 勝負所で手番をとって、切れ負け必勝

愛称:続ピリ将

続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

早指しマニュアル(5)

 

f:id:Shouldgo:20160902152037j:plain

 

 手番関係

 

 両取りや両取られをうっかりしてはいけません。

 しかし、うっかりでなければ、大丈夫。

 あえて、打たせる。

 これは上級者コースです。

 

 言い換えれば、両取りを水面下の読みにできるようになること。

 これが有段者には必須の能力です。

 両取りを織り込み済みで、その先へ。

 

 ここで初めて、「両取り逃げるべからず」の格言が生きてきます。

 

 私シュうぇッチマンが重視するのは、手番。

 既述のとおり、駒の損得も、玉の堅さもどうでもよい。

 むしろ、この2つは相手を油断させるためにある。

 だから、離されすぎなければ、むしろ攪乱材料。

 で、とにかく、攻め駒のスピード、手番で終盤の逆転を目指します。

 

 王手、詰み、詰めろ、入玉、両取り。

 このあたりの隙を虎視眈々と窺いながら、本命は手番取り。

 

 もちろん、こちらばかりが手番を取ることなど、できるはずはありません。

 しかし、勝負所で手番を譲るわけにもいきません。

 

 勝負所とは?

 「勝負所でないところ」でない所。

 当たり前。

 早指しは、難しく考えてはいけません。

 事前にどれだけ頭の中を整理しておけるかどうか。

 記憶とは、結局のところ、整理能力です。

 

 「勝負所でないところ」と「勝負所」とを区別すること。

 つまり、「勝負所でないところ」をダミーでつくっておくことです。

 で、そのダミーを勝負所と相手に錯覚させる。

 その間に、本当の勝負所でどうすれば手番を取れるかを全力で考える。

 

 抽象的で申し訳ありませんが、こういう考え方です。

 ここでいう勝負所/非勝負所は、たしかに曖昧です。

 場所のこともあるし、タイミングのこともあるので。

 

 左辺と思わせて右辺で戦う。

 自陣と思わせて敵陣に火を放つ。

 これらは、場所の問題。

 今が勝負所と思わせておいて、5手先に罠を仕掛けておく。

 これなら、タイミングの問題です。

 

 いずれにせよ、勝負所かそうでないかの区別がなければ、戦えません。

 そして、勝負所で、自分のターンをいかに得るか。

 これが早指しにおいて非常に重要なのです。

 

 最後に、わかりやすい例を出しましょう。

 

 将棋ウォーズの切れ負けの勝負所は、一方が残り1分を切ったところ。

 ここで、どちらに時間が多いかは、どうでもよいのです。

 私シュうぇッチマンは、残り25秒を重視するから。

 

 つまり、残り1分のポイントは偽の勝負所。

 だから、ここでは相手に時間がある方がありがたい。

 相手を油断させるから。

 真の勝負所、残り25秒のときに、時間で並ぶことをまず考えます。

 したがって、1分でギアを入れて、ノーターム指しに変わります。

 相手が指す前に、自らの指す手が100%に漸近する割合で決まっています。

 

 が、時間だけではない。

 25秒の時点で、相手も自身も王手がかかる状態にしておきます。

 で、王手をかけずに、受けだけで勝てる展開にしておく。

 最後の目標が、明確すぎるくらい明確。

 したがって、カーソルは、自玉の上。

 

 時間に差ができたら、突然王手を混ぜる。

 が、カーソルはすぐに自玉の上。

 王手の次は、自陣に手入れ。

 Zか入玉を目指します。

 相手は、パニック。

 

 私シュうぇッチマンの切れ負け必勝法です。