続ピリ将 将棋で世界一になる!!! いやいやいやいやいやいやいやいや

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

峰打ち

 最近、峰打ちがマイブーム。

 峰打ちとは相手を刃で斬らないように、日本刀の背で打つ技術のこと。

 私シュうぇッチマンが日本人でよかったと思えるのは、将棋が指せることと、暴れん坊将軍一休さんの新右衛門さんを格好いいと思えることの2点。

 将棋も詰みまで行くけれど、王を取ることはしない。

 ポケモンでもみねうちがあり、1HPは残す。

 これこそが、日本文化ではなかろうか。

 

 といっても、私シュうぇッチマンの峰打ちは日本刀ではなく、5五将棋のお話。

 最近は5五将棋(と詰将棋)ばかりやっている。

 はまって数か月が経つが、確実に強くなっている実感がある。

 最近、このような実感は得られていないので、本当におすすめ。

 

 あえて緩手を指す練習をしている。

 天然で緩手を指すのと違って、読みの量が膨大だから、面白い。

 最初は全駒を目指していたけれど、それだけでなく、今は即詰みと全駒の間にはまっている。これは対人戦ではなく、あくまでもCPU戦なので、誤解なきように。

 詰将棋だけだと、手が荒れる。

 乱暴な手が多いから。

 清潔な峰打ちが、私シュうぇッチマンの棋力向上の秘策だ。

 次善手を探す力になる。