続ピリ将 将棋で世界一になる!!! いやいやいやいやいやいやいやいや

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

肩越しのショット(2) プロの妙技

はてなブログ愛称:ピリ将)

続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

肩越しのショット(2) プロの妙技

 

f:id:Shouldgo:20171011113557j:plain

 

肩越しの妙技

 

 肩ごしのショットは、危険だぜ。

 かわいこちゃんに背後から飛びつこうとしたら、体を躱され、地獄行き。

 

 本当にアマチュア棋士は、このことに関心を払いません。

 払ったとしても、全然、払い足りない。

 

 私シュうぇッチマンのアドバイス

 実は技術的な面では(超基礎を除けば、ですが)、これ以外に持ち合わせがありません。

 

 それは私シュうぇッチマンのひきだしが少ないからではない。

 将棋の妙手は、肩越しのショットをどれだけ意識化するか。

 その一点にかかっているからです。

 

 肩ごしの必殺スマッシュで、300局は星を拾っているのではないかしら。

 

 私シュうぇッチマンがテニスのコーチなら、目の前に障害物を置いた状態で、スマッシュの練習を千回させる。

 私シュうぇッチマンがサッカーのコーチなら、目の前に壁を作らせた状態で、シュートの練習を万回させる。

 私シュうぇッチマンが将棋のコーチなら、間接王手や間接飛車手の練習を100万回させます。

 

 そのくらい、肩ごしのショットは大事なのである!!!

 

 と力説しても、説得力がないですと?

 な、ならば、そのことを実証せんがために、次の一手問題をば。

 

 オリジナルでも、創作でも、ありません。

 プロの実戦、しかも参考図からの出題。(竜王戦:丸山九段・山崎七段戦 2012)

 参考図というところが、さすがはプロといった感じ。

 水面下の変化に出てくるようになれば、超一流なのです。

 

f:id:Shouldgo:20171011111423p:plain

 

 角換わりの中盤戦。

 先手は、いわゆる銀ばさみを喰らいました。

 銀、即死。

 しかも、その後、割り打ちの銀を打たれて、ジ・エンド。

 初級者、中級者なら、そんな感じかもしれませんね。

 

 ところが、ここで妙手があるのを見越しています。

 スクロールする前に、お考えください。

 強い人は変化も含めて、お読みいただければと思います。

 ヒントはもちろん、肩ごしねらい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  ▲6四銀!

 

 ただのところへ銀捨て!

 △同飛なら▲8六角という飛車越しのショット、すなわち間接王手飛車が決まるという寸法。

 その後はどう受けてきても、飛車を取って、飛車を打てば、一丁上がり!

 

 というわけで、後手は放置して△3一玉か△4一玉とするよりありません。

 しかし、△3一玉なら、

 

  ▲5三角!

 

 というダイレクト王手飛車があります。

 △同金なら▲同銀成。

 角金交換ながら、飛銀両取りが残って、先手勝勢。

 

 △4一玉も、▲6二角成から飛車を打って、やはり先手の一本勝ち。

 いやあ、プロの将棋って、本当にすごいですね。

 心から尊敬します。