続ピリ将 将棋で世界一になる!!! いやいやいやいやいやいやいやいや

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

鏡を見ながら、ポジティヴな自己暗示をかける。(リンドラー・システム)

はてなブログ愛称:ピリ将)

続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

鏡を見ながら、ポジティヴな自己暗示をかける。(リンドラー・システム)

 

f:id:Shouldgo:20160902152037j:plain

 

 

メールマガジンは、こちらから:

www.mag2.com

 

個人コーチング、はじめました。

xn--rdk1bu28r.online

 

 

 

自己暗示

 

 一昨日、「将棋に勝つための9つの準備運動 完璧版」を発表しました。

 これで準備運動に迷いはなくなりました。

 

 その中で1つだけ心残りがあるのが、自己暗示のくだり。

 というのも、以前に書いた記事がなぜか消えるという事件があったから。

 もう一度、自己暗示についての記事を書いてみたいと思います。

 

 最近、アドラー心理学が流行するなど、ポジティブな暗示に風が来ています。

 これまでの心理学(精神分析学)では、フロイトにせよ、ユングにせよ、無意識や深層心理にネガティブなものとの対峙が必要とされていました。

 アドラーが実践的なのは、そういうネガティブなところにフォーカスしないという潔さ。

 それが理論的にどうかはさておき、実践的であることは間違いないでしょう。

 言い換えれば、研究的というよりは、教育的であると思います。

 

 多くの方が、意外にも、ポジティブで実践的な知に関して無知であるということを、コーチ業をなりわいにしている私シュうぇッチマンは悲しんでいます。

 プロのスポーツ選手や棋士ですら、こういう知識や知恵が欠けているのですから、日本はコーチング途上国と言って過言でありません。(ついでに言うと、日本では、起業家教育やビジネス教育も後進国です。だから、いつまでも若者・女性・障害者・中小企業・地域が依存体質で、自立=自律できない。)

 たとえば、リンドラー・システム。

 たとえば、アファメーション。

 たとえば、数々の洗脳からの脱洗脳。

 

 まず、リンドラー・システムから。(将棋の戦法ではないよ。)

 リンドラーは、リヨン大学で教鞭をとっていた20世紀初頭の心理学者です。

 中村天風の観念要素の更改法に影響を与えたため、日本ではよく知られています。

 

 

運命を拓く (講談社文庫)

運命を拓く (講談社文庫)

 

  

ほんとうの心の力

ほんとうの心の力

 

  

中村天風 怒らない 恐れない 悲しまない (知的生きかた文庫)

中村天風 怒らない 恐れない 悲しまない (知的生きかた文庫)

 

  

中村天風の生きる手本―世界でいちばん価値ある「贈り物」 (知的生きかた文庫)

中村天風の生きる手本―世界でいちばん価値ある「贈り物」 (知的生きかた文庫)

 

 

成功手帳 2018年版

成功手帳 2018年版

 

 

 やり方はとっても簡単。

 使う道具は、鏡があれば、OK牧場。

 鏡に向かって、千回、一万回、「私シュうぇッチマンは、神武以来の天才である。」と唱えるだけ。

 そうすれば、私シュうぇッチマンは、将棋の天才になるのです。

 私たちは8割方、ネガティブな感情に支配されていて、実際にネガティブな自己暗示をかけて過ごしています。

 1日平均の思考が7万回だとすると、5万6千回以上がネガティブな思考という計算に。

 この比率を変えるためには、量も大事。

 悩んでいる暇があったら、鏡に向かって、繰り返しネガティブな自己暗示を上書きしましょうよ。

 

 アファメーション。

 今度は、自己暗示の質も高めましょう。

 正しいアファメーションは、現在形の肯定文にするとの掟があります。

 「私シュうぇッチマンは今は弱いけれど、将来は強くなる。」

 これは最悪の例。

 目的とは反対に「今は弱い」という暗示がかかってしまうからです。

 そうではなく、今を力強く肯定すること。

 

 「私シュうぇッチマンは今が最強である。」

 「私シュうぇッチマンは今、一番努力している。」

 「だから、私シュうぇッチマンはさらに進化している最中だ。」

 「だから、私シュうぇッチマンが絶対に勝つ。」

 「私シュうぇッチマンは、最終的に全国大会で優勝する男なのだ。」

 

 ポイントは、メンタル・ブロックを取り除くこと。

 不安や恐怖、自己否定を、現在を肯定することにより、吹き飛ばす。

 メンタル・ブロックをぶっ壊すためには、プロセスや手段を考えない。

 ついでに言うと、お金のことも考えてはいけません。

 

 「どうやって強くなるかなんて愚問だ。関係ない。」

 「お金がない? そんなもの、後から付いてくる。」

 「とにかく私シュうぇッチマンは強いし、強くなるんだ。」

 「これだけ強く願っているのだから、強くなるに決まっている。」

 

 ちなみに、このアファメーションを体現している最強の人物を紹介しましょう。

 『スラムダンク』の桜木花道です。

 彼の根拠のない強烈な自信。

 あれが、アファメーションの究極のお手本です。

   

The Spirit Collection of Inoue Takehiko スラムダンク Vol.1桜木花道 (再生産)

The Spirit Collection of Inoue Takehiko スラムダンク Vol.1桜木花道 (再生産)

 

 

ポケット判 桜木花道に学ぶ“超”非常識な成功のルール48

ポケット判 桜木花道に学ぶ“超”非常識な成功のルール48

 

 

 アファメーションは、いろいろな局面に使えます。

 もちろん、勝負のアファメーションも、非常に有効です。

 アファメーション・ノートを1冊、作りましょう。

 そして、毎朝、毎晩、鏡の前で唱えまくりましょう。

 

 脱洗脳については、旧ブログで儒教の洗脳と脱洗脳について触れました。

 今日は、究極の脱洗脳について触れます。

 女性の脱洗脳について。

 

 女性は、他人より幸せになってはいけないという洗脳にかかっています。

 ここでいう他人とは、第一に男性であり、第二に母親です。

 いえ、女性だけではなく、大多数の男性にも当てはまる。

 実際の性別は、関係ないからです。

 しかし、こんな馬鹿げた思い込み、洗脳は、一刻も早く捨て去るべき!

 喩えていえば、パンツにう●こがついたのに、洗わないで過ごすようなもの。

 ああ、穢らわしい!

 

 「鏡よ鏡、世界で一番幸せになるのは誰ですか?」

 「あなたこそが世界一、幸せになることが許された人間ですよ。」

 

 今すぐ、心のクリーニングです。

 洗面所へ急行し、手を洗いながら、100万回唱えましょう。 

 

 

メールマガジンは、こちらから:

www.mag2.com