続ピリ将 将棋で世界一になる!!! いやいやいやいやいやいやいやいや

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

初級者を教える(3) 雀刺しを教える

はてなブログ (略称:続ピリ将)

続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

初級者を教える(3)

 

f:id:Shouldgo:20160902152037j:plain

 

初級者を教える(3) 雀刺しを教える

 

  教科書の選別には時間がかかりそうなので、先に行きます。

 攻めを教えるの巻。

 

 当然、棒銀を教えるのがセオリー。

 だから、もちろん、教えます。

 ただ、棒銀は実は初級者向けであると同時に、有段者向け。

 基本ではありながら、非常に高級で、奥が深い。

 だから、棒銀は優秀だが、とらわれすぎるのはよくありません。

 

 そこで、私シュうぇッチマンがおすすめするのが、雀刺し。

 

f:id:Shouldgo:20170826184740p:plain

 

 ご存知の方が多いと思いますが、これが雀刺し。

 飛車と香車の二段ロケットで攻めます。

 棒銀よりも破壊力抜群の上、わかりやすい。

 こちらの方が、初級者向きだと思いませんか。

 数の攻めを教える。

 これが初級者向け攻撃講座で一番大事だという結論に達しました。

 

 もっとも、これくらいなら、参考書を読めでよいわけです。

 せっかく先生がいるのなら、こういう教え方はどうでしょうか?

 案外、上級者向けにも有効と考えているのですが。

 

f:id:Shouldgo:20170826185005p:plain

 

 ここで1三の地点に駒を打ち込むのは最悪。

 もちろん、生徒さんに、そんな言い方はしません。

 拠点にぶち込む。

 これも大事な能力ですから。

 

 正解は、たくさんありますが、安い駒から使いましょう。

 たとえば、▲1七香

 次に歩が成れます。

 △2一桂と受けてくれば、こちらも▲2五桂と足します。

 さらに△2二銀と受けるなら、▲1八飛。

 ▲1六香。

 ▲1九飛。

 ▲6八角

 こんな要領で、どんどん駒を足しましょう。

 北朝鮮のミサイルは眉をひそめますが、こういうロケットは楽しいですね。

 歩を垂らしておいて、駒を足す。

 これ、駒落ち上手の常套手段。

 「歩一枚だけなら、余裕だな。」

 下手の楽観する心の声が聞こえてきそうです。

 「けれども、それが罠なんですよ。」

 と、上手は駒を足しにかかります。

 そのことを初級者の時点で教えてあげたら、ムフフフフ。

 

f:id:Shouldgo:20170826190534p:plain

 

 これは雀刺しではありません。

 だからといって、闇雲に王手をしてはいけません。

 玉頭に待ち駒を打つのは、大事な基本。

 ▲4四銀なら褒めてあげましょう。

 もう1つ、前(上・敵陣)からの足し算もあります。

 ▲1一飛。

 これで持ち駒のない後手は、次の▲1三歩成が分かっていても受けられません。

 

 一歩千金。

 と金づくりは、やはり攻めの基本。

 が、駒の足し算を覚えないと、なかなか成れません。

 自然なと金づくりだけでなく、人工的にと金をつくれるようにしてあげましょう。